テクノポリス21c スキャニー(キット使用バージョン) 製作日記

テクノポリス21c スキャニー(キット使用バージョン)製作日記

「テクノポリス21c スキャニー(キット使用バージョン)」のプラモデル製作日記

テクノポリス21c スキャニー(キット使用バージョン)製作日記

製作者はF11さんです!
プラモデル名:テクノポリス21cスキャニー(キット使用バージョン) 製作者:F11さん  メーカー:アオシマ サイズ:1/16 製作開始日:2011年

1. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
私がある中古プラモ販売店で物色していたら近頃トンと見かけないスキャニーさんのプラモが大量にあるではないですか。見かけてしまったからには買わずにはいられません。とりあえず二個買って帰りました。
前回、スキャニーさんは作ったのですが、不満点が「おっぱいが開かない」。
で、今回は
・おっぱいオープン!!

   ∩ _ _   ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=−おっぱい!おっぱい!
    ミ⊃ ⊃    ≡=−
     (⌒ __)っ   ≡=−
     し'´≡=−
  −=≡    _ _ ∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  おっぱい!おっぱい!
−=≡   ⊂  ⊂彡
 −=≡   ( ⌒)
  −=≡  c し'


・キットを"出来る限り"尊重して作る。
・当然関節は可動
以上三点を「縛り」として作る事にしました。
製作日記は私のブログで簡単に書いているのですが、加工の方法やテクニック等の質問をいただきましたのでここではそこを重点的に書いていきたいと思います。
2. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
まずは顔から。キットのスキャニーさんははっきり言ってどーしようもありません。しかし、いきなり新造してしまっては前回と一緒ですので何とかします。
前回のスキャニーさんで何が一番苦労したかといえば「顔面のハニカムパターン」です。キットはドデカいですが、きちんとモールドされているのでそれを生かしていきます。
まず、直径10_のパイプに何処からか拾ってきた3_のアクリル板を両面テープでくっ付けます。
外径に沿って余分を切り落とした後、綺麗な円になるようにパイプに沿ってヤスリで形を整えます。
アクリルの円盤になったら縁を2_残して上面が三次曲面(レンズ状)になるように細かく調整しながらこれまたヤスリで整えていきます。この時ほど旋盤が欲しかった事はありません。
3. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
アクリルのレンズ状の円盤が出来たら今度はスキャニーさんのハニカムパターンの真ん中に両面テープでくっ付けます。
そしたら爪楊枝でメンタムを満遍なくレンズの上面と縁に塗ります。別にグリスでも剥離剤でもいいのですが、手に優しく石鹸ですぐ落ちるメンタムを多用しています。
メンタムを塗ったらエポパテでレンズの上面と面一になるように押し付けるようにしながら盛っていきます。
固着したらレンズをはめたまま整形してからペリッとレンズを剥がし、失くさないに大切に保管します。
4. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
キットの首はただの3ミリ径のプラ棒なものなのでお約束のメンタムを塗ってのエポパテ盛りです。
別段メンタムを塗って硬化後に剥離させなくてもいいのですが、整形と塗装が楽なのでなるべく分けて作るようにしています。

そしておっぱい!!   キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━!!
この為に再び茨の道に足を踏み入れたのです。
キットだと胸パーツは左右に分割されているのですが、・・・・・惜しい事に開閉選択式の上、
形状が、肝心の「おっぱい」の形状が残念と謂わざるをません・・・。クッ!!
しかし!!!おっぱいオープンはスキャニーさん製作のメインテーマ!!逃げる訳にはいきません。
まずはおっぱいの整形からです。おっぱいは一日にしてならず。

あ、手の平も「アオシマにしては」出来がいいので指関節ごとに軽く曲げて表情を出していきます。
5. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
えー、おっぱいの可動部分に鉄道模型のパンタグラフのヒンジ部分を使っているのですが、元々このスキャニーさん結構小さく、可動部に市販のジョイントは入らず、唯一の希望であったロトの腰アーマーヒンジもオーバースケールで駄目でした。
そうして悩んでいたらオヤジの趣味であった鉄道模型が倉庫に埋もれている事に気付きました。40~50年ほど前のキットですが、金属製なので大丈夫だろうと確かめてみるとサビもせずにちゃんと動くのでその中から適当なものをもぎ取って見事スキャニーさんのおっぱいにリサイクル出来ました。
 ∩ _ _   ≡=−
   ミ(゚∀゚ ) ≡=−おっぱい!おっぱい!
    ミ⊃ ⊃    ≡=−
     (⌒ __)っ   ≡=−
     し'´≡=−
  −=≡    _ _ ∩
 −=≡   ( ゚∀゚)彡  おっぱい!おっぱい!
−=≡   ⊂  ⊂彡
 −=≡   ( ⌒)
  −=≡  c し'


いや、良かった良かったと友人に話したら真面目な顔をして
 「もいだ鉄道模型のメーカーを教えろ」
と言い出すので
「色々あってサンゴとかアダチとかKTMとか書いてあった」
と言った途端正座させられ本当に小一時間説教を受けました・・・。
何でもその当時の組み立て式(半田でくっ付ける)鉄道模型は完動品だと結構なお値段が付くようで・・・。
モッタイナイモッタイナイと呪文のように呟かれました・・・。


 。・。∧_∧。・。
。゚ ( ゚´Д`)  ゚。 うえぇぇん
  o( U U
   'ー'ー'
てことでスキャニーさんのおっぱいはプライスレスなのです。
6. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
上半身が段々出来てきました。肩から腕は基本キットのままです。関節は全取っ替えですが。
胸は増量して修正し、増加装甲?を付けます。この辺りは前回のノウハウがありますのでサクサク進みます。
股関節はノーベルガンダムの股関節がそっくりそのまま入りますので助かりました。パンツタイプの股関節可動は大変なのです・・・。
7. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
下半身!!
コレばかりはどうしようもありません。キットのままでは大きさも形も目も当てられない代物なのでキットをゲージパーツにして作り直します。ピンク色の部分がキットです。使っている事は使っているのですが、元の面影はありません・・・。
8. テクノポリス21c スキャニー製作日記

コメント
各パーツが出来てきて待望の仮組みです!!
そして「おっぱいオープン!!」
(/ω゚\)チラッ♪
これがやりたかった・・・っ!!
       つーか、もうやりたくない。
オジサンもう細かいパーツとか良く見えなくなってきてるんですよ・・・。

  _、_
( , ノ` )    
  \,;  シュボッ
    (),
    |E|

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~

                老化で


・・・とまあ、こんな感じで作りました。
あ、三つ編みプローブはキットのままだと形が変なので、昔懐かし蝋燭の炎でゆっくりと炙って形を整えてます。二箇所程炙り過ぎてダラーッとなってしまいましたが、それは内緒です。
それでは後はギャラリーを御覧下さいませ。
まだまだつづく