フェラーリF12ベルリネッタ  製作日記

製作日記

「フェラーリF12ベルリネッタ」のプラモデル製作日記

フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

フェラーリF12ベルリネッタ 製作者はトオルさんです!
プラモデル名フェラーリF12ベルリネッタ:  製作者:トオルさん   メーカー:フジミ  サイズ:1/24  製作開始日:2014年

1.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記 制作者:トオルさん

コメント
@シャーシーとタイヤ・ホイール、サスペンション部分の作成

今迄の車プラモデルキットの中で一番作成しやすい単純な構造でした。
指定は黒色ですが今回はボデイ色と同じ赤で塗装してみました。
 2.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

Aエンジンの作成
手こずったのは左右に取り付けるエギゾーストパイプの作成でしょうか、3本のパイプの終結部分が円形になるようにパイプを組んで円盤にはめ込みますが、突起部がうまく入りませんのでパテで固めてから平らに削って接着し、本体には先を加工しやはりパテで固めてしまいました。
12気筒エンジン上に2本の突起物が乗っておりますが、レジメーターと言う名称でエンジンをより良く回す装置だそうで、740馬力を発生させるF12のエンジンの外観の特徴であり美しさでもあると思います。
 3.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

Bハンドルの塗装
F12ではギアシフトや運転モードの切り替えなど様々な装置がハンドル部分で行える様になっておりスイッチ類を細かく色分けするのと、握り部分は黒半艶消し上下部はグレイで筆塗し違いが判る様にしました。
 4.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

Cダシュボード及び計器版の塗装
ダシュボードは革の部分とボードの部分とメッキ部分と3色に筆塗しました。
革部分は黄土色(サンド)・メッキ部はスチール・シルバーを使用しボードの黒部分は塗装せずプラスチックの地のままにしました。筆塗での修正部分は細綿棒でふき取るだけなのでやり易いと思いました。
尚、スピードメーターとナビ画面等のマークシールは貼る場所が深い穴になっているため貼り付けが難しので、ハサミで切り出しはめ込み、のり付けしました。
 5.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

Dドアの内張り塗装
ドアの内張りは開閉した時にダッシュボードと連動して目立つ場所なので、やはり3色で塗り分けしております。スチール部は銀を溝部分に流し塗装し、不要部分を綿棒でふき取り処理しています。したがってダッシュボード同様に黒部分は塗装なしです。ただ中央部分だけ黒の艶ありで塗装する部分があるので筆塗しています。
 6.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

E内装部分全景
座席の革部分は黄土色(サンド艶消し)床部分はドアを開けた時結構目立つので黒のフェルトを貼って絨毯ぽくしました。それからアクセル・ブレーキ・助手席の足置きのアルミ部分は銀で塗装し( 出来ればパーツ化してほしい)、シートベルトやトランクルームベルト等は自作して組み込みました。
 7.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

F最近のエンジンルームはエンジンカバーに覆われていて内部の部品類が見えないようになっています。そのゴチャゴチャした中身を観るのが好きなのですが、今回のF12ではエンジン本体とエンジンカバーの間に僅かに見える機械類を表現したい為に実車の画像を参考に手持の部品から似た物を探し出し隙間を埋めてみました。
手を加えなくても美しいエンジンルームなのですが、どうしても機械部分を表現したかったのでエンジン本体収納スペースの両脇を少し削り、また色彩を抑えて(艶消し黒とシルバー)目立たないように取付けしましたが、意外とうまくいって満足しております。
 8.フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

Gボデイー塗装
今回は赤の発色が良くなるようにピンクのサーフェイスを使用してみました。
2000番の研ぎで2度塗り致しました。ピュアレッドを2度に分けて吹き付け
乾燥後、スーパークリアを吹いて1時間後に仕上げ用コンパウンドで磨き仕上げました。
 9,フェラーリF12ベルリネッタ 製作日記

完成したフェラーリF12ベルリネッタのエンジンルームです。
今回は赤と黒の艷ありと艷なしの使い分けで部分塗装に全てマキシングテープの切り貼りだけで行いました。
また、吹き付け塗装除けにサランラップを巻き付けと結構うまく防げます。
トオルさん製作のフェラーリF12ベルリネッタ完成品画像はこちら