日産ブルーバードSSS510 製作日記

日産ブルーバードSSS510 プラモデル製作日記

「日産ブルーバードSSS510」のプラモデル製作日記

日産ブルーバードSSS510 製作日記

製作者はTuckerさんです!
プラモデル名:日産ブルーバードSSS510  製作者:Tuckerさん   メーカー:ハセガワ  サイズ:1/24  製作開始日:2010年2月24日

1. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

コメント
昔から好きだった日産ブルーバードSSS510です
もちろん『作らなきゃリスト』に入っていた1つで、ハコスカか510かって感じでした。。。
コレ作って、ハコスカ作れば
カーモデルの『作りたいリスト』は無くなるかも。。。。


そして・・・・
初めてのハセガワさんカーモデル
飛行機のハセガワのカーモデル・・・・
どうなんでしょうね〜〜〜〜
2. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ボディーチェック
いきなりヒドイ話しです
なんか火傷跡みたいなモアレみたいなモノが
たぶん型抜きの際に離れなかったか何かで
べとっとした跡が・・・・
これが側面・後部・ボンネットの計3箇所に。。。。
3. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

消しました
あまりボディーをヤスって火傷跡を消すと
他のモールディングやボディーラインが削れそうなので
ほどほどにして、サフで隠します。
ボディーのヤスリ→サフ→ヤスリ→サフ→・・・・
って感じですが、
ヤスル際には少し多めにしないと、どうしても厚くなってしまいます。。。
4. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

仮組です
いままで仮組なんてしたことなかったのですが
初めてのハセガワ カーモデルって事で
一応載せてみました。。。

少し内装とボディーの隙間が出来る場所がありますが
まぁ大丈夫でしょう。。。

車高はセオリー通りフロントが上がってリアが沈む
一昔前の感じ
ホイルを換えて車高を下げようと思ったのですが
リヤのタイヤハウジングのスペースがギリギリで
他のホイルは着けられそうもありませんでした。。。。
ですから車高も換えず、ノーマルで・・・・
5. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

内装です
なんか前回ホークVでノーマルの詰まらなさを実感したのに・・・
まともや。。。。

そうです
この時代の車の内装(ノーマル)は黒一色なんですよね
ツヤの違いだけです。。。
床面をフラットブラックで
ドアパネル下部とリヤのボードをセミグロスブラック
で塗り分けました。

そしてシートとダッシュパネル
ドアパネル上部は安っぽいテラテラのビニールっぽく
グロスブラックで・・・・・


ちなみに、ドアパネルにドアレバーやロック
ウィンドークランクは見当たりません
追加工作・・・・嫌だな
今のところコノままで行くつもりです
(所詮カーモデルなんて外装じゃ〜ん!)
6. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

実は先日、シート裏の押し出しピン跡にパテ埋めて
本日ヤスリ・・・・そして塗装です。
ここも勿論、テラテラの黒ビニール(古くなると硬くなるやつ)
って事で、、、、普通にグロスブラックを吹きました。

ベルトは往年の2点式・・・・板オモリの細切です。
ちなみに、黒色なので先に瞬間接着剤で止めて
後でフラットブラックで筆塗りしました。
瞬間接着剤の白化など起きたら大変ですから。。。。
あと、板オモリへの着色は定着が悪く
メタルプライマーを吹いたあとでも剥がれます
ですから曲げて貼り付けてから塗った方が確実な気がします
(同時進行のGTRは、塗装後に着けようとしたら、剥がれちゃいました)
バックル部も板オモリで、適当な幅に切り出した板オモリを
巻き付けて厚みを出しセミグロスブラックで塗っています。
赤い部分は筆ですが、黒字に赤だと赤が負けるので
シルバーを下地に塗った上から赤を塗っています。
(別にシルバーで無くてもいいんですけどね・・・)
7. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

割と好きなダッシュボードです。
インパネです・・・・ここも基本はグロスブラック
古くなると硬くなり、そして割れて中のウレタンが見えてしまうようなビニール

まず、グローブボックスや上下に入る凹モールには
エナメルのフラットブラックを流し
ラジオの枠は安っぽいメッキをイメージしエナメルのシルバーを
ラジオのボリュームなどのツマミもシルバー(コレはセンスないかも)
そしてラジオのセットボタン・・・これはフラットブラックで

エアコンのツマミは何かのブラウン(覚えていない調合色)
下のツマミも、また別のブラウン・・・
(これってチョークとかじゃないかな?白い線を描くべきか?)

メーターはデカールですが、小さいので余白を切り
セッターーをメーター穴に垂らしてデカールを入れ
楊枝で位置を整えて・・・一気に細い綿棒(赤ちゃん用)をグッと。。。。
余分なセッターを吸い取ったら、ソフター(フィッター?)を綿棒に着けてグッ!

しかし、このデカール・・・印刷がはっきりしていなくて
ほとんど解りません・・・・

凄腕モデラーさんならコノ穴に円く切った透明プラ板とかはめるのでしょうけど
残念ながら、僕には出来ません
第一コンパスなんてないし、円く切る道具は何もない。。。
仕方が無いので簡単な方法
エナメル クリアー流しでガラス風。
エナメルのクリアーをボテっと流す感じです。。。。。

パイロットランプも下地にエナメルシルバーを塗り
はみ出た部分はエナメル溶剤で拭取り
乾いた所でクリアーの赤と青エナメルで・・・・
8. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ステアリングホイール
ハンドルです、塗りました。。。
黒革ハンドルもいいけど、黒一色ではね〜
って言うことで、ウッドハンドルにしました。。。
クレオスのウッドブラウンとかって言ったかな?
もう少し赤い方が好みですが、塗ってしまったから仕方が無い。

スポークは一度セミグロスブラックで塗装し
その上からエナメルのフラットアルミを・・・
スポークにある細いホーンボタンのみ細い綿棒で拭取りました。
無理に拭くと余計な所まで拭き取ってしまうので、軽く叩くように拭きました。
9. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ステアリング組みつけ
まず、ステアリングのホーンボタン
申し訳程度のデカールが付いていましたので貼り付け
おそらく『SSS』なんでしょうね〜(読めません)
全体的にハセガワ カーモデルは古いせいもあるけど
デカールが弱点ですね。。。。。
シフトノブの上にもシフトパターンが書かれたデカールがありましたが 貼りつき悪いし読めないので・・・・
放棄
10. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

内装終了
ダッシュボード装着!
バスタブ内装に薄くダッシュボードの溝が入っていて
そこにダッシュボードをはめるのですが・・・・
溝がダルくて位置が決まらない!

ここはザッくりですが
ボディーにガラスはめて、内装をシャーシに仮組
そして位置あわせ・・・・
どうしても少しダッシュボードとガラス付け根に隙間ができますが
許容範囲・・・でしょう(?)

次からは足回りへ入る予定です。。。
11. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

シャーシの黒塗りです。
この時代の車は当然黒一色
ノーマルなら尚更ですね。
12. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

つまらないのでアブソーバー類を別色にします
今回はコニーで行きますので『赤』
赤を塗る準備として白サフを吹きました。
13. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

エンジン下部
これも御馴染みなオリジナル鉛色
タミヤのメタリックグレーより少しシルバーを抑えています
面相で塗るのですが、今回はマスキングが面倒になり
フリーハンドです。
14. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ミッションも鉛色
シャフトのブーツはフラットブラック
あとボルトも面相で・・・・
15. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ボディー塗り
サフを吹いたボディーに軽くヤスリを当て
いよいよボディー塗り。
少し珍しい色で渋めにしようと思い
愛宕の時に間違って2本買っていたクレオス艦底色で・・・
なんかサビだらけの車か
サビ止め塗料みたい。。。。。。
でも、たぶんクリアー吹いてツヤツヤにすれば見れるようになるかな?
16. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ショックアブソーバーの塗装
小さい画像で申し訳ありません
 
先に報告した通り、今回はコニー仕様です。
本当はもう少しツヤが無い赤なのですが
間に合わせで出しっ放しだった赤なので若干色は異なります。
プラモデルHPらしく少し詳しく
(中級以上の方はスルーして下さい)

1まずラッカー系の赤をエアブラシで全部塗り・・・
2次はスプリングの奥の黒・・・
(シルバーでも良いのですが、黒シャフトにシルバーのコイルにするので)
ここはエナメルのセミグロスブラックを面相筆で流し込むように・・・
はみ出した部分は、乾燥後に綿棒に浸み込ませたエナメル溶剤で拭き取ります。。。
3続いてコイルスプリング部をエナメルシルバーで・・・
そうすると上下のコイルを抑える板みたいなのが綺麗に塗り分けられません。。。
(巧い人は真っ直ぐ塗り分けできるのでしょうけど)
今度はシルバーが完全に乾いたら・・・
4コイル部分にマスキングテープ
(念のため、腕とかに貼って粘着を弱めたやつ)
を貼り・・・板の抑えの板の部分だけ残します。
コレを逆に板の部分だけマスクしてシルバーを塗る方法もありますが 薄い板の部分にマスクするのは結構難しいんですよね。。。。。
5マスキングをしたらエナメル溶剤を浸み込ませた綿棒で拭取りですね
ここは叩くように軽く溶剤を載せ・・・
少し時間(数秒)置いて塗料が溶けた状態で拭取ります。
拭き切れなかったら、また叩くように溶剤を載せ
また綺麗な綿棒で拭取ります。。。。
17. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

フロントの下部です
ショックアブソーバーの取り付けが今一でした。
少し長さが足りないのかタイヤハウジング側とアブソーバーに隙間が出来ちゃいます。
足周りなだけに微妙なズレが後々影響しそうで不安ですが。。。。。
あとスタビライザーも赤にしちゃったけど・・・しつこいかも。。。。

あと、マフラーなんかもやっけましたが
現在、メッキパーツはメッキのままでいくか
メッキを落としていくか・・・・検討中です。。。。

18. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

メッキ剥がし
あとあと失敗へと発展するのですが、
塩素(ハイター)漬けにしてメッキを落としました。
さらに下地に平滑出すためか何かコーティングがありますので
これはシンナー漬けではがします。
そして『スパッツ アルティメイト』でメッキ調塗装。。。。
ついでにマフラーエンドもね〜
19. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ホイール塗り分け
これが失敗。
アルティメイトはマスキングすると一発で剥がれます
さらにエナメル溶剤でも曇ります。。。。。
さぁどうする?
ここが失敗ですね・・・・・
そもそもメッキを剥がす選択をした時点で敗北だったかも
本当は一度フラットブラックで吹いたのですが
モールが鈍くてカッターの刃が噛まず
断念してシルバー吹いちゃったんですよ。。。。。
ハセガワ カーモデルはモールドが弱い・鈍い傾向にありそう
仕方が無いので、地道に面相筆で塗りました〜。
少し雑ですが、もうしょうがないですね。
20. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ボディー塗り
クレオスの半ツヤ系って意外にザラザラです。
一応は1500〜2000番でヤスったのですが
面倒になりクリアー掛けちゃいました。
光の輪郭はボヤけています・・・・
これがシャープになるまで研ぎ出します。
つまり・・・クリアーを吹く場合は
下地処理はザラザラでも『だいたいOK』なわけで
クリアー吹いた後に研ぎだすのが大変になるかどうか・・だけ
そして今回は・・・相当大変になりそう。。。。

21. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

グリルです
結局メッキは剥がさずにプライマー吹いてから
エナメルのセミグロスブラックをエアブラシで
ここはマスキングがシビアで、キラキラなメッキ風のシルバーを吹いたらマスキングテープは使えないと踏んだので
やむなくメッキのままで・・・
そしてバンパーのラバー部を含めて一気に吹いて
エナメル溶剤で拭取りました。
22. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

どうもザラザラすぎてクリアー後の研ぎ出しが大変そうでしたので
1500〜2000で結構ガシガシとヤスりました。
でも、どうしてもクリアー吹くからと思い
中途半端です。
なんとかなるでしょう。。。。
23. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

クリアーを吹きました。
なんだかチョコレートコーティングのようです
もしも女性の方がみていたら
来年はハルレッド(艦底色)にクリアー掛けで頑張ってみて下さい。
24. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ほぼOKに近い感じです・・・
このあとコンパウンドで磨いてみて
この光の輪郭がシャープになれば完了
駄目ならラストチャンスで再度ヤスリ。。。。
25. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

前回の状況から
やはり気に入らなくなり・・・ヤスリました。
これを最後の研ぎ出しにしないと
クリアーぼてぼて塗装になってしまうので
少し気合入れて1200〜2000番でヤスリました。
26. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

なんと・・・ヤスっていたら剥げを発見
これはクリアー層の下なので、今回の研ぎ出しの影響ではなさそう。
少し多めにヤスリをあてて、サっとエアブラシで補修。
メタリック色でなくソリッドで助かった。。。。
軽く吹いたら、何事もなかったようにクリアー掛けます。

27. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

ここまで来ました。
ようやく納得できるツヤに到達しました。
コノ後はウィンドーモールとかへのシルバー入れです。
ココまでやればタミヤ プラモデルファクトリーで受賞した
ワーゲンのレベルと言えるでしょう。
ただ、少しクリアー層が厚くなってしまったのが惜しい
28. 日産ブルーバードSSS510 製作日記  製作者:Tuckerさん

え〜お恥ずかしながら携帯は一昔前の赤い携帯です。
これくらい映り込みがあればOKですよね?
女性の方は・・・知らぬ間に映りこんでしまわないよう
御化粧することをお勧めします。

さらに、明日以降にコンパウンドで研ぎ出しをする予定です。
スミマセン出来ちゃいました。完成品ギャラリーをご覧下さい