マクロスF VF-25S オズマ機

マクロス VF-25S オズマ機

マクロスF VF-25S オズマ機  製作者:F-11さん

マクロス VF-25S オズマ機の完成品ギャラリーです。クラフトモデルチーム、F-11さん製作です。

マクロスF VF-25S オズマ機

プラモデル名:マクロスF VF-25Sオズマ機  製作者:F-11さん  メーカー:バンダイ  サイズ:1/72 アップ日:2009年3月22日

オズマ機です。ところでオズマ・リーさんはフォッカー隊長のように亡くなると思っていたのですが当てが??外れてしまいました。

さて、久々のバンダイからの完全変形バルキリーですが、素晴らしいですね!!心配していたファイターモードも”二箇所を除いて”素晴らしい出来栄えです。その2箇所は
○コックピット
○着陸脚
です。これは昔からなおらないバンダイの伝統?なんでしょうか。EXシリーズでも雪風とかメイブとか高い金出させて台無しのパーツを入れてきます。流石にクレームの嵐だったのか新バージョンでリテイクしたのですがそれもダメダメ・・・。
コックピットはオズマさんが1/100に縮んでしまっています。ここはハセVF−0から流用してあちこち削ったりしながらキャノピーがちゃんと閉まるように調整します。
着陸脚もVF−0からいただいてしまいます。後脚はほぼ無改造で取り付けられますが。前脚は射出装置の溝に引っ掛けるアーム(確かランチング何とか)を180°引っくり返さないといけません。サスペンションシリンダー部分で切り離して中に補強の為1o径の真鍮棒を穴開けて挿しておきます。

その他で手を加えているところ
○ファイター固定
バトロイド形態には1gも興味ありませんので一度仮組みして関節に瞬着を流し込みます。機首下面の変形の為の隙間は埋めてしまいます。上面の装甲の集合も綺麗に面一になるように調整しながら固定してここも瞬着流しまくってパテ埋めの代りにします。
○インテイク
上段インテイクはくり抜いておきます。
中段、下段インテイクはエッジが分厚いので内側を削ってシャープにします。
○モールド
全体的にパネルラインとリベットモールドを加えます。これもVF−0をお手本にします。
○その他
ブレードアンテナは断面が長方形になっているのでシャープに削ります。可変翼が閉じる部分は2oの角帽を挟んで埋めておきます。F−111やF−14の可変翼収納部分の風船みたいなものです。

色々書きましたが素晴らしいアウトラインの傑作キットです。バンダイ以外のどのメーカーも真似できない内容のキットなのでみんなで作りましょう。


マクロスF VF−25S オズマ機マクロスFオズマ機VF−25SマクロスF VF−25Sオズマ機